勇者の石

¥ 2,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール

    郵便局のゆうメールです。

    全国一律 200円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

2013年12月リリース。11曲。2500円
1 耳をすましてごらん
2 あなたは大切な人です
3 勇者の石
4 Invisible world
5 ミラー
6 イェシュア
7 犀の角
8 ふるさと
9 これがわたしの家族です
10 Proud
11 Annual rings


大人買い5冊以上ご希望の場合は、大人買いの項目よりご購入お願いいたします。
アルバムとの大人買いも可能です。
 5枚で10000円の大人買いセット
  http://akiramania.thebase.in/items/1996596
 6枚で12000円の大人買いセット
  http://akiramania.thebase.in/items/4968168
 7枚で14000円の大人買いセット
  http://akiramania.thebase.in/items/4968245
 8枚で16000円の大人買いセット
  http://akiramania.thebase.in/items/4968282
 9枚で18000円の大人買いセット
  http://akiramania.thebase.in/items/4968293



「耳をすましてごらん」

耳をすましてごらん
風が歌うバラッド
森が奏でるコンチェルト
耳をすましてごらん交差点の行進
急ぐ車のファンファーレ

耳をすましてごらん
ぼくはここにいるとよ暴走族のSOS
耳をすましてごらん
愛をわけてください
家出少女のモノローグ

耳をすましてごらん
神様は口をひとつ
耳をふたつくれたろう
耳をすましてごらん
ちょっとおしゃべりやめて
心の声を聴いてごらん


耳をすましてごらん
車椅子のきしみと
点滴が告げるカウントダウン
耳をすましてごらん
教会のウェディングベル
死者を弔う枕経

耳をすましてごらん
正義をふりかざして
争う人のどなりごえ
耳をすましてごらん
人の消えた廃墟に
ひっそり花が開く音

耳をすましてごらん
神様は口をひとつ
耳をふたつくれたろう
耳をすましてごらん
ちょっとおしゃべりやめて
心の声を聴いてごらん


耳をすましてごらん
母のおなかで聴いた
命を刻む胸の音
耳をすましてごらん
人は命の音を
愛する人に伝えてく

耳をすましてごらん
きみが生まれたときの
元気いっぱいな産声
耳をすましてごらん
父と母と家族が
きみの幸せ祈る声

耳をすましてごらん
神様は口をひとつ
耳をふたつくれたろう
耳をすましてごらん
ちょっとおしゃべりやめて
心の声を聴いてごらん



「あなたは大切な人です」

あなたは大切な人です
ぼくの宝物なんです
あなたは大切な人です
だれも代わりなどいないんです

生きることがへたくそで
いつもくよくよ悩んでる
そんなあなたが誰かの心
きっと照らしてる

自分を責めないで
誰かのせいにしないで
今のあなたが大好きだから
ほら笑ってごらん

あなたは大切な人です
ぼくの宝物なんです
あなたは大切な人です
だれも代わりなどいないんです


あなたの笑顔は
涙を吸って咲いた花
見つけた人を幸せにする
そんな魔法の花

自分を比べないで
誰かのまねをしないで
あなたのままであなたの花は
こんなに綺麗だよ

あなたは大切な人です
ぼくの宝物なんです
あなたは大切な人です
だれも代わりなどいないんです

あなたの命が大切と
たとえ100人が言うより
あなたは大切な人だと
あなたにそう言ってほしい



「勇者の石」
 
人はこの世に生まれるまえに
自分で背負う石を決める
生まれ変わるたび挫折を重ね
きみの魂は強くなる

亀の子ほどの重さの石は
苦労を知らぬ子供の石
美と健康と富に恵まれ
なにも恐れず遊びつづけろ
アライグマほどの重さの石は
目ざめはじめた若者の石
挑み倒されまた立ちあがり
本当のきみを探しつづけろ

だいじょうぶだよ
きみならできるから
運ぶ命を運命と呼ぶ
Let’s keep on carrying
the rock of the brave


赤鹿ほどの重さの石は
悲しみを知る大人の石
津波のごとき困難に耐え
愛するものを守りつづけろ
バッファローほどの重さの石は
神が讃えし勇者の石
重い病や障害を越え
みなに勇気を与えつづけろ
だいじょうぶだよ
きみならできるから
運ぶ命を運命と呼ぶ
Let’s keep on carrying
the rock of the brave



「Invisible world」

ライラライラライライラライ
Invisible world Invisible world
見えないけれどもたしかにあるんだ
I Gonna Show You Now
ライラライラライライラライ
Invisible world Invisible world
見えないものこそ大事なものなんだ

こんがらがった根っこや
真っ昼間の星座
パッパラパーな神様
おっちょこちょいなエイリアン
Oh My God!きみは信じない?
マジでスゲーから隠されてるんだ

きみのやさしさや勇気やパンツ
ぼくらの未来や希望やハッピネス
Oh My God! きみは感じない?
きみだけを想うぼくの愛

ライラライラライライラライ
Invisible world Invisible world
見えないけれどもたしかにあるんだ
I Gonna Show You Now
ライラライラライライラライ
Invisible world Invisible world
見えないものこそ大事なものなんだ


ぴったりまったり支える親子の人情
ゆったりしっかり見守る祖先の愛情
Oh My God!きみは感じない?
マジでデケーから形がないんだ

きみを包みこむ大地のEarth Beat
ぼくらを育む命のHeart Beat
Oh My God! きみは感じない?
きみだけに歌うぼくの愛

ライラライラライライラライ
Invisible world Invisible world
見えないけれどもたしかにあるんだ
I Gonna Show You Now
ライラライラライライラライ
Invisible world Invisible world
見えないものこそ大事なものなんだ



「ミラー」
1
All in the miller すべては還ってくる
All in the miller あなたに還ってくる
All in the miller いつかは還ってくる
All in the miller 必ず還ってくる

誰かに感謝すれば 誰かに感謝される
誰かを批判すれば 誰かに批判される
恐れを手ばなせば 幸せが手にはいる
何かを失うとき 新たなドアが開く

振りあげていた拳開いて
その手で誰かを抱きしめてごらん
その時きみは気づくのだろう
自分が世界を創っていたんだ

2
All in the miller すべては還ってくる
All in the miller あなたに還ってくる
All in the miller いつかは還ってくる
All in the miller 必ず還ってくる

親を許さなければ 子供に許されない
自分を好きになれば、すべてを好きになれる
苦しいときほど 笑顔を忘れないで
どんなに深い闇も 必ず夜明けがくる

ひざをかかえた腕を広げて
その手でみんなとつながってごらん
その時きみは目覚めるだろう
世界は自分の鏡だったんだ

All in the miller 感謝を映しだそう
All in the miller 笑顔を映しだそう
All in the miller 未来を映しだそう
All in the miller 希望を映しだそう



「イェシュア」

敵を打ち負かす強さを願えど
敗れた者の無念を知れと
神は弱さを与えた
ありあまるほどの富を欲すれど
もたざる者の慎みを知れと
神は貧しさを与えた

おおイェシュア
我の祈りは何も叶えられず
そなたを疑いつづけた
おおイェシュア
涙をぬぐった手を
そっと開けばそこに
愛が眠ってた


誰もがうらやむ体を誇れど
命の尊さ思い知れと
神は病を与えた
永久に変わらない幸福を望めど
最愛の妻を死が連れ去り
神は無常を教えた

おおイェシュア
我の祈りは何も叶えられず
そなたを疑いつづけた
おおイェシュア
涙をぬぐった手を
そっと開けばそこに
愛が眠ってた


バルーフ アッター アドナイ
神はいつも我のそばにいた
バルーフ アッター アドナイ
神はいつも祝福してくれた
イェシュア
おおイェシュア
我の祈りはすべて
叶えられていたのだ
望んだ以上に
おおイェシュア
感謝に合わせた手を
そっと開けばそこに
愛が笑ってた

※イェシュアはイエス・キリストのヘブライ語で、「神がわれを救う」という意味。

※バルーフ アター アドナイ
ヘブライ語の祈りの言葉で「世界の王、私たちの神、主であるあなたよ」という意味


「犀の角」
1
犀の角のようにひとり歩め
赤く燃える大地踏みしめて
誰より孤独な獅子であれ

風と雨と寒さと暑さに
打ちのめされひとり歩め
飢えと渇きと虻と蛇を
恐れないでひとり歩め

淋しくって淋しくって ふるえる夜は
会いたくって会いたくって 君を思うよ
僕のわがまま許しておくれ
好きだ好きだ大好きだ
この地球を抱きしめたい

犀の角のようにひとり歩め
赤く燃える大地踏みしめて
誰より火を噴く山であれ


貪ることなく 偽ることなく
群れをはなれひとり歩め
濁ることなく迷うことなく
友を残しひとり歩め

疲れ果て疲れ果て倒れた夜は
ふれたくってふれたくって君を描くよ
僕の涙をぬぐっておくれ
好きだ好きだ大好きだ
この世界とセックスしたい

犀の角のようにひとり歩め
赤く燃える大地踏みしめて
犀の角のようにひとり歩め
犀の角のようにひとり歩め
犀の角のように
犀の角のように
誰よりやさしい花であれ



「ふるさと」

ふるさとを失くしてきみはさすらう
異国に暮らせど孤独は癒えぬ
ただいま おかえり 会いたかったよ
あなたはわたしの永久のふるさと

森よ 川よ 大地よ 壊れた夢よ
父よ 母よ 仲間よ わたしを許せ
ただいま おかえり 会いたかったよ
あなたはわたしの永久のふるさと

もどりたい もどれない
もどるすべもない
泣きぬれてひとり あなたを慕う
ただいま おかえり 会いたかったよ
あなたはわたしの永久のふるさと

いつの日か帰らん
あなたの胸に



「これがわたしの家族です」

5歳のぼくは妹おぶって
裸足にビンのかけらが刺さって
真夜中の道を走りつづけた
あの家族から少しでも遠く
はなれたかった

まるで夕食は拷問だった
父は酒を飲んで暴れまくった
母を投げ飛ばしぼくをぶん殴った
あんな家族じゃない
どこかよその子に生まれたかった

突然父が新車を買ってきた
とがめられたのが気にいらなかった
屋根で飛び跳ねてボコボコに壊した
あんな家族など消えてしまえばいい
母は家を出た

神様はわざわざ仲の悪い者たちを
あなたの家族にするという

これが私の家族です
うらみつづけた家族です
けれど私の家族です
たったひとつの家族です


母ががんでこの世を去ったとき
父は子供のように泣きじゃくった
仏壇にいつも話しかけてた
いったい家族ってなんなのだろう
わからなくなった

父が心臓麻痺で死んだあと
父の仲間と山に散骨した
遭難救助の英雄だったという
いったい家族でもなにを見ていたの
なにを知ってたの

家族は千年もともに生まれ変わるとゆう
ぼくらの宿題はなんだろう

これが私の家族です
うらみつづけた家族です
けれど私の家族です
たったひとつの家族です

誰もが家族から
逃れられないさだめなら
ともに泣きともに笑えばばいい



「Proud」

お母さん あなたの銀のほつれ毛
わたしのかけた心配の数と笑うけれど
自分のことなど勘定にいれず
子供を気づかう姿は
陽だまりのようだった

あなたの笑顔にかくした涙を
子供の頃からずっと見ていたの
感謝で胸がはりさけるほど
あなたが好きだった

I am proud of you
あなたの子に
生まれたことを誇ります
I am proud of you
お母さん わたしを
生んでくれてありがとう
I am proud of you


お父さん あなたの気持ちもわからず
ひどい言葉を投げつけた
ほんとにごめんなさい
家族のためにと働きつづけた
汗のにじんだワイシャツは
海の匂いがした

硬いげんこつをやさしく開いて
わたしの頭をなででほしかった
あなたの愛に返せるものなどなにもないけれど

I am proud of you
あなたの子に
生まれたことを誇ります
I am proud of you
お父さん わたしを
育ててくれてありがとう
I am proud of you


神様がひとつ願いを叶えるなら
迷わずあなたの幸せを祈る
言葉じゃとても伝えきれない あふれだす愛を
I am proud of you
あなたの子に生まれたことを誇ります
I am proud of you
この家族に生んでくれてありがとう
I am proud of you

我が子よ あなたの無邪気な瞳に
どれだけ救われたことか
あなたは知らないでしょ
わがままでたよりない親で悪かった
あなたはこれでよかったと
笑ってくれるかな



「Annual Rings 年の輪」

はしばみの枝に実る夕陽を
まるで一途な子供のように
きみは見つめてる

車椅子から落ちた毛布を
ひざに掛けると少女のように
きみは微笑んだ

Annual Rings
ふたりで時を刻む喜び
Annual Rings
手をとりあの空に帰ろう


老いゆくことは置いてゆくこと
人生の道拾ったものを
もう一度もどしてく

介護の日々はきれいごとじゃない
死の誘惑と戦いながら
今日も踏み切りを越える

Annual Rings
ふたりで時を刻む喜び
Annual Rings
手をとりあの空に帰ろう


ぼくの名前も忘れたきみは
神様の国帰る準備を
はじめていたんだね
最後のときが楽しみなんだ
きみが必ず待っていてくれる
出会った頃のように

Annual Rings ありがとう
きみと会えた奇跡に
Annual Rings さよなら
きみと生きた季節に

Annual Rings ラララ
時を刻む喜び
Annual Rings ラララ
あの空に帰ろう



2013年12月リリース。11曲。